これだけは知っておきたい過払い金請求関連事項

過払い金請求といわれても、それって何と言われる方もいるでしょう。

かつて消費者金融や、その関連ローンを利用したことのない人に取っては、無縁といっていい言葉です。しかし、2010年以前に消費者金融を利用したことのある人の場合は、この過払い金請求というのは大きな意味を持って来ます。

あなたの知らないプロミスの過払い金をご提案いたします。

実は、2010年より前の消費者金融では、多くが法定金利の20パーセント以上でお金を貸していました。



なぜかといえば、29.2パーセントまでの金利であれば、罰則規定がなかったからなのです。

しかしこれは後に問題となり、かつての利用者の間から、払い過ぎたお金、つまり過払い金を消費者金融に請求しようという声が出るようになりました。

同時に、消費者金融を監督する法律である貸金業法も見直され、現行の貸金業法では、法定の20パーセントを超えた金利をつけた業者は処罰の対象となりました。

過払い金請求は、最終取り引きから10年以内であれば、今でも可能です。


できれば弁護士や司法書士に依頼した方が、消費者金融との交渉をうまく進めてくれます。
着手金や報酬などの費用は、事務所により様々で、中には着手金を受け取らない弁護士や司法書士もいます。

コトバンク情報を集めたサイトです。

一方報酬は、回収額の10パーセントから20パーセントという所が多いようです。
それから、過払い金請求でブラックがつくのではないかと気にする方もいるようですが、金額を調べてもらって回収するだけなら、ブラックリストにはまず載りませんので、心配はいりません。