2006年以前の借金には過払い金発生の可能性がある

世の中には大きなお金の出費に見舞われたり、日常生活の中で生活費が不足してしまうケースも少なくありません。

そんな時に消費者金融などの貸金業者からお金を借りると手軽に不足額を補うことが可能となります。その手続きも極めて簡単で融資もスピーディーであることから、これらの借り入れサービスを契約して活用する人も多いもの。

しかしながらその手軽さが災いしてついつい借り過ぎてしまい、長期間にわたっての返済を余儀なくされてしまうことも多いもの。

借り入れや返済期間が長期に及ぶとその利息の支払いだけでも大変なものとなります。


中にはこうした返済で首が回らなくなり、自己破産を考えている人もいるでしょう。

NAVERまとめの知識を持つことが重要です。

ただし、この時に注意しておきたいのが過払い金の有無です。

長期間に及ぶ返済を行っている場合、過払い金が発生している可能性があるのです。

特に2006年よりも前に借金をした経験がある人はその可能性が大きいといえます。

そもそも貸金業者は利息制限法によって定められた利息を守らなければならない決まりがありますが、しかしその多くはその基準を上回るグレーゾーン金利にて融資を行ってきた期間が長く、それが裁判によって法律違反と認められたことから払い過ぎた金利を過去に遡って返還させることが可能となっているのです。



これを過払い金請求と呼びます。しかし過払い金請求は素人の知識ではなかなか難しく、さらに金融業者側との交渉もありますので相手の出方次第では困難となるケースもあります。一方、これを弁護士などのプロに任せると簡単に請求を通すことが可能です。

アイフルの過払いサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

もしも少しでも過払い金が発生している可能性があるのであれば、無料相談してみると良いでしょう。