過払い金の請求をするときの注意点

過払い金の請求を行うとき、金額については元金に年率5%の利息を上乗せすることが認められています。利息を上乗せすると交渉が難しくなるからと元金だけで手続きする弁護士もいれば、利息も含めてできるだけ多く返還させようとする弁護士もいます。
取引期間が長いと利息も高額になるため、これを知らずに弁護士を選ぶと損します。

過払い金の請求は、完済した借金に対して行ったときは信用情報に傷は付きません。

しかし、返済中であれば個人信用情報機関に記録されます。過払い金が残高を超えている場合、処理が終わると削除されることが多いですが、債務整理扱いして削除の通知をしない金融業者もあります。


残高が残る場合は債務整理になるので記録が残ります。

NAVERまとめのホームページをチェックしましょう。

過払い金の請求を行うとき、その金融業者の運営状況の確認が必要です。他社と吸収合併していたり、銀行カードローンの保証会社になっている金融業者に対して請求を行うと、それらの関連する金融業者でクレジットカードやキャッシングを利用できなくなることがあります。



信販系の金融業者の場合、同じブランドのクレジットカードが全て使えなくなります。

公共料金の支払いなどに指定しているカードがある場合、先に別のブランドのカードを用意して切替えておいた方が良いです。
過払い金の請求権は10年間で時効になり、権利を失います。

起点は最後の取引であるため、返済中の借金であれば気にする必要はありませんが、完済しているものについては時効になる前に確認が必要です。

セゾンの過払い金について正しい知識を持つこと重要です。