過払い金の返還請求で期待できない業者とは

過払い金とは消費者金融やキャッシングカードを発行しているカード会社から借入をしているお金にかかる利息のうち、利息制限法を上回っている部分のことです。


一般的グレーゾーン金利と呼ばれている部分に対して返還の請求をおこないます。

ただ、過払い金の請求は実際にお金をかしている業者との交渉になるため、画一的に返答があるか決まっているものではありません。基本的には、銀行との資本のつながりがある一部の大手の貸金業者やカード業者でない限りは返還に応じてくれる可能性はありません。銀行からの資金提供を受けることが出来るアコムやレイク、プロミスなどは過払い金のために予算を組んでいるので多少は期待が持てる部分があります。

wikipediaに関するご質問を解決いたします。

しかし、上記以外の中小の貸金業者の場合、前向きな回答が返ってくることを期待しないほうがよいでしょう。


中小の貸金業者は過払い金の返還請求に対応してしまうと経営的に破綻してしまうような企業が多く、返還請求に対しては基本的にすべて裁判にするようにしている貸金業者もあるようです。

中小の貸金業者の中には経営的に行き詰まってしまい、外国資本に買収されてしまったところもあります。



買収した外国企業は過払い金の受付窓口自体は準備するものの、すんなり返金に応じるわけではなく、どれだけ返還する金額を小さくするかを専門にしている部署となっているケースも有ります。
自身が借入をしている業者によってはお金の返還を期待できない場合があるので注意が必要です。

アイフルの過払い金ならこちらのサイトがオススメです。